/var/log/study

つまり雑記

Docker Compose の fluentd ロギングドライバの設定で環境変数を使いたい時に見るページ

ロギングドライバの設定で環境変数を使いたい

個人的にはfluentd driverを使う時のタグの文字列を環境変数を利用して組み立てたかった

ドキュメントと記事

docs.docker.com

docs.docker.com

docs.docker.com

要は上記をきちんと読めば分かること(だけど自分は詰まった)

使うまでの3ステップ

  1. envファイルを読み込む
  2. --log-optenv=HOGE で利用したい環境変数を渡す
  3. --log-opttag=(.ExtraAttributes nil).HOGE の様な形で引き渡す

compose-fileに落とし込むと以下の様な感じ

env_file: .env
logging:
    driver: fluentd
    options:
        env=HOGE,HUGA
        tag="(.ExtraAttributes nil).HOGE-(.ExtraAttributes nil).HUGA"